] コーティングの流れ | フッ素樹脂コーティングの日本フッソ工業
日本フッソ工業株式会社 English
東京 03-3688-3237072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内

  ご相談から納品の流れ
  焼付けコーティング
ライニングの流れ
  こんなことでお困りでは
ありませんか?
  フッ素樹脂コーティングが
解決する課題
機能別
付着防止
腐食防止
高純度(対溶出)
高純度(対パーティクル)
帯電防止
低摩擦
絶縁
用途別
反応
ストック
乾燥
移送
混合
吸収・吸着
分離・濾過
計量
塗布
半導体製造装置
液晶・有機EL製造装置
成型
付属機器
実験機器
オリジナル製品
【コーティング仕様】
 
CFRP基材へのコーティング NEW
伝熱プレートへのコーティング NFX-1525 NEW
ノンスリップコーティング
 NFX-8690
NEW
セラミックコーティング
 NF-5340
NEW
セラミック+フッ素樹脂コー
 ティング
 NFX-5490EC
NEW
Aμcoat®
 (エーミューコート)
ECシリーズ
剥離帯電防止コーティング
リチルライニング
タックフリー
オリジナル製品
【機器設計・製作】
熱交換器 NEW
ノンメタルPEC
ライニング用機器設計・製作
メンテナンスシステム
フッ素樹脂グレード一覧

環境への取り組み
技術情報
採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA
NIPPON FUSSO(THAILAND)CO.,LTD.

HOME製品案内 > 焼付けコーティング・ライニングの流れ


焼付けコーティング・ライニングの流れ

フッ素樹脂コーティング・ライニングの工程をご紹介いたします。


塗装タイプのコーティング回転成型ライニング・リチルライニング


塗装タイプのコーティング

正常な皮膜を形成するために、母材に異常がないかどうか・設計基準を満足しているかどうかを検査します。(当社機器設計基準書に合致していない場合は、個々の取決め事項に基づき検査します。)

母材の付着物や油脂を取り除くために所定の温度にて空焼きを行います。
※熱処理は400℃以上になるため、母材の熱歪が問題となる場合は事前にご相談ください。

アルミナの研削材と圧縮エアーを使用してのブラスト処理を行います。
接着に邪魔となる、空焼きで熱分解した付着物、及び母材表面の酸化膜を除去します。
かつ、接着のための表面積を増やすため、母材表面を粗面化します。

プライマーを塗装し、所定の温度で焼成します。
プライマーとは非粘着性の高いフッ素樹脂と母材とを接着させるための接着材です。 但し、自己接着性のあるフッ素樹脂塗料はプライマーを必要としません。



フッ素樹脂の塗料をエアースプレーもしくは静電粉体塗装し、所定温度、所定条件にて焼成します。

上記行程を必要膜厚まで繰り返します。

中間検査として外観・膜厚・その他異常を検査します。

お客様と契約した仕様に基づき、外観検査、膜厚測定、ピンホール検査などを行います。

最終検査後、コーティング・ライニング面を傷つけないようしっかりと養生をおこない、決められた日時、送付先へ出荷いたします。


回転成型ライニング・リチルライニング

正常な皮膜を形成するために、母材の異常がないかどうか・設計基準を満足しているかどうかを検査します。(当社機器設計基準書に合致していない場合は、個々の取決め事項に基づき検査します。)

母材の付着物や油脂を取り除くために所定の温度にて空焼きを行います。
※熱処理は400℃以上になるため、母材の熱歪が問題となる場合は事前にご相談ください。

アルミナの研削材と圧縮エアーを使用してのブラスト処理を行います。
接着に邪魔となる、空焼きで熱分解した付着物、及び母材表面の酸化膜を除去します。
かつ、接着のための表面積を増やすため、母材表面を粗面化します。

プライマーを塗装し、所定の温度で焼成します。
プライマーとは非粘着性の高いフッ素樹脂と母材とを接着させるための密着力を高める為の下地処理です。
但し、自己接着性のあるフッ素樹脂塗料はプライマーを必要としません。

母材の開口部よりフッ素樹脂が飛散しないように治具を取り付けます。

治具を取り付けた母材を回転成型炉にセットし、所定の塗料を入れ、所定温度、所定条件にて回転焼成します。

回転焼成後、開口部の治具を解体し、フランジ部分などの仕上げを行います。

お客様と契約された仕様に基づき、外観検査、膜厚測定、ピンホール検査などを行います。

最終検査後、コーティング・ライニング面を傷つけないようしっかりと養生をおこない、決められた日時、送付先へ出荷いたします。